カテゴリー: 社長ブログ

自分で思っているほど・・・

「あんた自分が思ってるほどカッコよくないし頭良くないしダサいんだから自分磨く努力しないと出世しないよ」

ドラマ「ゆとりですがなにか」の中の一節なんだけど、この言葉を聞かされた相手(役者)は泣いてしまう設定。。。

宮藤官九郎さんさすがですね。

どうせ流すならこういう時に涙は流したいもの。

↓↓こんな涙はいりませんよね↓↓

486463_pcl

自分で思ってるほど。。。。

最近の子はとかゆとりとか言われちゃってるし、自分も使っちゃっているけど実際のところ自分たちも散々言われてきた。

新人類ってね。コミュニケーションがうまく取れないし、何を言っているのかわからないって言われてきた。

要するに、若い頃って先輩や大人とコミュニケーションをとることが下手なんだよね。

だから大人たちは若い人に対して新人類とかゆとりとか最近の若い子は・・・・って愚痴をこぼすわけでしょ。

そしてある時に気がついてしまったのだ。

いわゆる「大人」の考え方や生き方を後世に伝えようとした時に「受け入れられる若若者」と「受け入れられない若者」に分かれる。

その後者に対して使う言葉こそが「ゆとり」とか「最近の若者」なのではないかと。

自分がそうだったように若い頃ってプライドの塊みたいでしょ。ロクに勉強もせず、スポーツも部活程度。塾なんか受験前にちょっと行っただけ。
宿題だってほとんどやらなかった。

何も誇れることなんか無かったのになぜか変なプライドを持っていたんだよね。

だからこそ大人に言われることが嫌だったし抵抗してきた。

けど、抵抗してきた割には言われたことはやったと思う。だって怒られたく無かったし、認めてもらいたかったし。

何もしてこ無かった人間が社会で認められるにはそうするしか無かった。

理不尽さにも耐えてきたよ。先輩って後輩の鼻をへし折るのが仕事なんじゃないかな。

何もできない後輩。喧嘩したら負けてしまうかもしれないし、口喧嘩でも言いくるめられるかもしれない。

そんな後輩に唯一できることは仕事でねじ伏せること。

鼻をへし折るっていうのは自分自身がやってきた仕事を見せつけるってこと。

と信じたい。

「あんた自分が思ってるほどカッコよくないし頭良くないしダサいんだから自分磨く努力しないと出世しないよ」

この言葉を聞いた時に思った。

自分たちと違うなって。いや、もしかしたら自分だけなのかもしれないけど

自分は小さな頃からダメだしされまくってきたから、自分ではかっこいいなんて思ったことがない。だからけっこうがむしゃらに生きてたよ。

だけど今の親ってどう?我が子が可愛い可愛いって褒めちぎって、小学生から塾やらクラブチームなどに入れて、snsで自慢しまくってさ、子供はいつの間にか「自分が一番」なんて思っちゃうんじゃないかな。

子供に気を使う親が増えるほど、世の中に気を使えない人間が増えていくのだと思う。

「先生は偉いんですよ。だから学校の先生の言うことは絶対なのだ。」って言い切れないでしょう。

変なところで平等とか、人権だとか使わないでほしい。

教えるためにどれだけの時間と労力を使ってきたのか。くだらない保護者の意見に耳を傾ける必要もないと思う。

目上の人や先輩にたいしても同じ。

言いたいことがあるのなら同じ土俵にたってからだって遅くないのではないでしょうか。

影響の輪と関心の輪

言わずと知れた「7つの習慣」の考え方が影響の輪と関心の輪の概念。

数年前に7つの習慣と出会い、それからずっと意識してきた大好きな考え方。

詳細はここでは書かないので興味のある人は「影響の輪と関心の輪」でググってみると良いかも。

簡単な例題をあげてみればこんな感じかな。

ダイエットしたいとする。

影響の輪に意識を当てていくと直接ダイエットに結びつく行動をとることができる。

食べる量を減らす。もっともシンプルだけど効果絶大でしょ?

逆に関心の輪で生きている人はこんな事をするでしょう。

スポーツジムの案内を並べてたり、ダイエット本を見たり、スポーツウエアを買いに行ったり。。。それだけでは直接ダイエットにはならないんですよね。

どうせやるなら結果が欲しいですよね。

自分はまだまだ発展途上だから微妙なさじ加減で生きていけないのです。

「やるだけでも価値がある」なんて言葉は結果を出した人がいう言葉。結果が出なければ「やったのに出来なかった」という思い出が残るだけ。

本田宗一郎の「やってみもせんで何がわかる」って言葉も大好きです。

やる前から諦めてどうするんだよって事ですよね。これだけ偉業を成し遂げた人ですから、今までやってきた事はどれくらいあるのでしょうか。

できるまでやればいい。

やってみて「やらなくて良い事」を見つけたらラッキー。そしてやるべき事をやり続ける。

限られた時間をどのように使っていくか。

やらなくて良い事はどんどん捨てていきましょ。

さー今週も頑張りますよ!

今年の目標

新年を迎えいかがお過ごしでしょうか?
年末から新年にかけて2016年の目標を掲げた人も多いと思います。

その目標が今年の年末に達成しているように毎日を大切に生きていきたいと思います。

images


ところで目標達成するために努力をしている人ってどのような事をしているのでしょう?

勉強したり本を読んだりセミナーに行ったりしているかもしれません。

 

だけどもっともっと基本的な事。

それは自分が決めた事をやりとおせるかどうか?じゃないでしょうか。

せっかく学んだのならばその学びを行動に変えて継続しなければ意味がありません。

以前セミナーでこのような事を聞いた事があります。

 

「知っている」を「している」にしてみませんか?と。

 

現在では毎日のようにブログやメルマガなどで気づきや学びを与えてもらう環境にあります。「あ、この記事読んだ事あるな。」とか「これ知ってる」という記事も少なくありません。

しかしそれを毎日実践している人はほんの一握りのはず。

この毎日の繰り返しこそがいつか必ず実を結ぶんです。

「ブログを毎日書く」と最初は意気込んでもそのうち気がつけば書かなくなる。

その人にとっては内容よりも毎日書く事が大切なんですよね。

理由は簡単。自分で決めたんだから。

自分で決めた事もやれ無い人にどんな成功があるんでしょう。誰にも邪魔されるわけではありません。

初詣でお参りしたからって何も変わら無いんですよ。

人間誰だってつまらない事や面白くない事があります。やる気のない日だって、病気になる事もあります。

だけどそこでやるのかやらないのか?ここが重要なんですよね。

言い訳する暇があるのならやってしまえばいい。

ただそれだけ。習慣になるまでやる。そうすればびっくりする力が湧いてきますよ。

Jinとの遭遇

右も左もわからずにホームページを作ってみよう!と思って作った処女作が「jinとの遭遇」というタイトルのテキストサイトでした。

何年くらい前になるんだろうとググってみたら・・・もうすでに閉鎖されていて見つからず。

だけど最後に作ったブログJinとの遭遇が2011年。

記憶を辿ってみると鳥取にいたのが2002年。その時にはすでにあって

バイク便をやりながらホテルマンをやっていた頃が2001年。。。そうだ同時多発テロが起きてたあの頃に一生懸命htmlを勉強していたんだっけ。

 

そう考えると15年以上もホームページをなんだかんだいじってるんだね。

 

その頃に使っていたハンドルネームがbitmanだった事もすでにヘアーズビットと関係しているのかも。

 

振り返ってみるとあっという間だけど当時はブログって言葉も無かったし通信速度だって64kとか普通だったし(笑)

 

世の中は本当に大きく変わった。

 

自分はどれくらい変わっているんだろうって不安に思う。

 

だけど今が最高だって思えるよ。サンキュー

 

 

美容師を選んだプライドをもちなさい。

美容師の楽しさって色々あると思うんですが、本当に楽しいなぁって思うのはお客様に喜んでもらえるようになってからだと思うんです。

シャンプーやマッサージが気持ちいいね。って喜ばれたらテンション上がりますよね。

そしてカットできるようになってまた喜んでもらえる。そして「あなたにやってもらいたい」と指名が入る。

まさに必要とされるようになればなるほど美容師の楽しさは倍増するわけです。

みなさんも理屈ではわかっているんでしょうけど、なかなかそこまでたどり着くまでの道のりは険しく挫折してしまう人が多いようです。

だけど辞める理由はほとんどがスタッフや会社との人間関係なのではないでしょうか。

 

自分がやりたいことを他人に邪魔されたくらいで本当に諦めてもいいんですか?

それよりも本当に周囲の人たちは邪魔をしようとしているのでしょうか?

 

恐らく誤解でしょうね。

先輩や会社はあなた以上のお客様に喜んでもらうために今までやってきているのです。

いわば同じ志をもった人たちのはずです。

もしもその人たちに怒られたとするなら、あなたが周囲に迷惑をかけているのかもしれません。

 

美容師ってすごく華やかに見えるけど本当に泥臭く、人間味のある地味な仕事なんです。

下積みとはよく言ったもので一朝一夕にできるような仕事ではありません。

仕事ができなくても熱意は伝わります。

熱意がお客様を喜ばせることだってあるんです。最初だから仕事ができないのではなくて、最初から仕事を放棄してしまうような気持ちは捨てましょうよ。

美容師は誰でもできる仕事ではないと思います。

自分だけができたとしてもお客様に喜ばれないことだってあります。技術以外に学ばなければならないこともたくさんあります。

何年もかけて築いた経験に割引クーポンをつけて良いのでしょうか?

残念ながら現在、美容師の価値は決して高いとは言えません。

しかしプライドをしっかり持って欲しいと思います。

決して髪の毛を切るだけの仕事ではないんです。

10人のお客様がいれば10通り違います。さらにお客様は毎回同じスタイルを希望するわけではありませんし、気分だって違います。

ホリスティックアプローチができるような美容師になって欲しいのです。

毎日の地味な仕事の積み重ねが今の自分、そして将来のなりたい自分になっていくことを信じて欲しいです。

 

ヘアーズビット裏話 最終回

ヘアーズビットの目的

私たちはヘアーズビットにかかわった人々に喜びを与え、幸せを共有していきます。

かかわった人々に喜びを与えるとはなりたい(求めた)自分になるということ。

最初にヘアーズビットにかかわるのはスタッフです。

そのスタッフがどうなりたいのか?

何を求めるのか?

この2点を徹底的に教育していきます。

・お客様を喜ばせたい。
・技術を伸ばしたい。
・給料を増やしたい。
・信頼されたい。
・楽しく仕事がしたい。
・コンテストで優勝したい。
・ヘアーショーに出たい
etc….

こんな願望をスタッフからたくさん聞きます。

が、しかし

現実はどうでしょう。

ほとんどのスタッフが手に入れられるでしょうか?

残念なことにヘアーズビットを去っていったスタッフもいます。

その時にいつも思うんです。

他に移って手に入れる事ができるのだろうか?その後、幸せになれたのかなぁって。

まずは己の心を強くもつ力を養わなければいつまでたっても他人のせい。環境のせいになってしまいます。

心は技を高める
技は心を求める

お客様を喜ばせたいという心が技を覚える最高の近道。

レッスン日にただレッスンをする。

合格をもらうためにレッスンをする。

これではいつまでたっても本当の技を身に付けることはできません。

せっかく覚えたとしても、時間とともに退化していってしまいます。

 

言われなくなったら練習もしなくなりますから。

だから、ヘアーズビットでは基本的には自主的にレッスンをしてもらいます。

その前にしっかりとした目標設定をします。

目標が決まらなければ、辿る道も、手段も見えません。

自分から「お願いします」と頼まなければ手に入れるものも手に入れられない。

毎日のルーチンの中では道や手段を作り出す力は身につきません。

そのなかで頑張っているのでは、ラットレースの中と同じ。

いつまで経ってもゴールにたどり着くことはできないでしょう。

スタッフに絶対忘れないようにと教えていることがあります。

出来ない、わからないはチャンスである。

ならばどうするか?

出来るように何をするのか?

わかるためには誰に相談すればいいのか?

その壁を乗り越えてこそ、一歩前進といえる。

失敗したり、出来なかったり、わからないことで叱ることはほとんどない。

しかし、そのまま放置プレー状態にしているスタッフには徹底的に叱る

プロである以上、常に壁はつきもの。

その壁を乗り越えてこそプロである。

おなじプロでもスポーツ選手と違って短期的に脚光を浴びる職業ではない。

ヘアーズビットスタッフとしての心得は美容師としての教育ではない。

その人個人の実力を伸ばし、その個人が美容師をやっているというイメージ。

ひとりひとりが獅子になる。

だからたとえ、他業種にいっても勝負できる人間を育てたい。

そうしていくことが、本当の幸せだとおもっている。

ヘアーズビット裏話⑨

ヘアーズビット名前の由来

 

初めてご来店いただいたお客様にはJinから手紙を送っています。

ヘアーズビットとはどのようなお店なのか。

どんな思いでこのお店を作ったのか。またどのように社員教育をしているのか・・・

その最後にヘアーズビットという名前をつけた由来も同封しています。

今日はその名前の由来を書きたいと思います。

hair’s bitの由来

bitには3つの意味があります。

①人:【ひと・びと】です。

美容師として成功できたこと、hair’s bitをオープンできたこと、現在幸せな人生を送れているのは全て人との出会いによる【ご縁】そのものだと確信しています。

今一緒に働いているスタッフも今まで一緒に働いてくれたスタッフも皆、奇跡的な出会いによって人生を共にしてきました。

これからは自分が人のために尽くし、喜びを与え幸せを共有していきたいと思っています。

②個:【こじん・こせい・bitの和訳】

自分を出せる場所。自分が一番輝ける場所。

そして同じ目的をもった人間たちが共に手を取り合い助け合い大きな個になる場所。

それがhair’s bitです。小さな個が集まり大きな大きな個になる。

いずれ会社を通して地域に、社会に大きく貢献できる社員を育てます。

③愛:【仁・Jin・すべて】

仁の意味は「仁愛。」

前出しましたが、Jinの本名は「仁と書いてひとし」と呼びます。

ニックネームは仁の音読みからとってJinと名付けました。
「ひとし」も「じん」も人につながりますよね。
そしてbitも「びと」と読めます。かなり強引ですが。(笑)

Jinが思う愛の定義は「その人に、一人で(個人)生きるための力を身に付けさせる事」です。

愛とは強さであり、厳さであり、優しさであり、信頼であり、思いやりである。と教わったことがあります。

スタッフには愛をもって育てたい。

お客様には愛をもって接したい。

bitは一番スタッフが力を発揮し一番輝ける場所。

bitはお客様が一番くつろげて美しくなる場所。

Jinはhair’s bitを永久に残すために存在している。

スタッフが育ち独立しいつか日本中が大きなbit.【個】になることを願っています。

ヘアーズビット裏話⑧

スタッフがみんなニンクネームの理由とは

 

すでに知られていると思いますが、Jinの本名は仁と書いて「ひとし」です。

別にアルファベットにする必要はないと言われるかもしれませんが

小さなこだわりがあるんです。

斉藤仁と書くと「さいとうじん」と思われてしまうんです。

本名はあくまでも「さいとうひとし」です。

だったらニックネームをJinにしてしまおうと。。。

そしてもう一つの大きな理由は

あだ名が付けづらいということです。

昔から「ひとしくん」とか「さいとうくん」がほとんど。

中学までは「ビトシ」でした。

高校からは「ジン」だったんだけどやっぱり本名で呼ばれると「さいとうじん」だったんです。

そんななか美容師になりました。
美容師ってある意味で人気商売だから親しみやすい方が指名が上がるんだよね。

「斉藤さん」とか「ひとしさん」ってなんか距離を感じませんか?

ところが「ジンさん」「じんちゃん」「じんくん」だとすごく親しまれやすいんです。

一気に指名がアップしそうな予感がありました。

それともう一つ理由があった。

原宿にいた頃のこと。

仕事といえば毎日毎日お客様のハントでした。

こういうのがすごく苦手だったんです。

知らないひとに声をかけることにすごく抵抗があった。

だけど声をかけないとお客様になるきっかけがない。

声をかけようと思ってもその一歩が出ない。

逃げ出そうともした。

その時にメンターに相談をしたんです。

そしたら

「どうなりたいんだ?」って言われた。

僕は自分がなりたい姿を全部紙に書き出した。

その紙の上にその人がこう書いた。

Jin

「これがJinだ。苦手だと思うのは斉藤だ。初めてあった人はお前さんが見せた姿だから」って。

響いたね。イナズマが落ちた気分だった。

Jin は自分がなりたい姿。

それから名刺も呼び名も全部Jinで統一した。

最初は照れ臭かったけどだんだん慣れてきた。

今ではそれも本当の自分の姿。

年賀状や手紙もJin様って来る(笑)

親戚もJin君って呼ぶ。

今ではビトシって呼んでくれる友達も少ない。

だからスタッフもニックネームを付ける。

変わりたいという気持ちが強いスタッフほど今まで呼ばれたことがないニックネームを付けてもらう。

思いはとっても大切だよ。

さてさて来年4月に入社する坂本さんのニックネームも考えないとね。

ヘアーズビット裏話⑦

水上コテージ?*

ここ数年ゲリラ豪雨の被害が各地で報道されますが(過去の記事なので気にしないでね)

鳩ヶ谷市(今は川口と合併しましたが・・・)はもともと沼地だった地域が多くとても水はけが悪い。

おまけに三ツ和のお隣は坂下というだけあって雨が降ると水がど~~~っと押し寄せてくるんです。

ゲリラ豪雨なんていう言葉があるず~~~っと前から床下浸水、床上浸水があちこちで起きてました。

台風なんかで大雨が続くとたちまち

ヘアーズビットの床を上げている意味がお分かりになったと思います。

さらに雨が続くと

4

もう雨はすぐそこまで来てしまうんです。

どうですか?縁石も見えなくなり非常に危険です。

3

ちなみにウッドデッキの高さは54センチです。

 

今年は体験できるかな?レッツサーフィン!!

これって基本的に仕事中なので

お客様が帰れなくなってしまうんですよ(汗)

 

雨がやんでも水は引かず・・・

強行突破です。

2

すごい大変。。。。

しか~~~し

なんと

もっともっと切ないことがあるんです。

頑張ろう日本!

こんな状態になったら近所同士で力を合わせて・・・・

じゃないんです。

本当に水がたまるのはここだけなんです。

向かい側の動物病院は・・・

 

なんと

平和でしょ?

こっちは大洪水。向かい側は普通。

これって行政側でなにかしてくれないんでしょうかね?

川口市と合併したら改善してくれるのかな?

こうなっちゃったら笑うしかありません。

のんびりアーユルヴェーダでも(笑)

 

次回の裏ビットは【何でみんなニックネームなの?】の予定です。お楽しみに!!

 

ヘアーズビット裏話⑥

ヘアーズビットには理容のスペースがあります。
両親が40年営んだ理容店の名残をすこしでも残そうと思ってました。

t02200295_0597080011438576362

jinはもともと理容師ですが、保健所の都合で美容室か理容室かどちらかを選ばないといけません。

今後のスタッフをかんがえて美容室にすることにしました。

で、

そこで問題だったのが

レトロ感たっぷりの理容テイストと美容室をどのように融合させるか?

狭いスペースなので個室を作れば狭くなってしまう。

ん~~~~

と考えたのがこの配置

t02200295_0597080011438578260

当時まだ出始めたばかりのリアシャンプーの向きです。

通常のシャンプー台は壁を背にするタイプがほとんどでした。

それを壁側に足を向けることでお客様には違和感無く理容スペースを設けました。

といってもあくまでも理容テイストのスペースということですので誤解の無いように。

そして

つぎなる壁。

それは

t02200295_0597080011438576362 (1)

t02200295_0597080011438577360

どうですか。

色味がここまで違うんです。

ダーク調のキャビネットにライトな家具

その調合こそがフロアに隠された秘密なのです。

t02200295_0478064011438576370

美容室側のフロアはこのような色調に比べて

理容側はというと

t02200295_0478064011438577354

どうですか?

だんだんとダークになっているではありませんか!!!!!

これに気がついてくれた人は誰もいませんでした。

 

 

次回の裏ビットは【知る人ぞ知る水上ビット】です。お楽しみに

番外編