感染対策は「感染しない、させない、広げない。」

こんにちはヘアーズビットのジンです。
新型コロナに打ち勝つためには衛生管理がとても大切です。
皆様は感染しない、させない、広げない。って聞いたことありますか?
ヘアーズビットでも衛生管理は徹底していますが、出張美容ではもっと衛生管理に気を付けています。これでもかと思うくらいに慎重になるくらいでちょうど良いのです。
僕ら美容師は感染対策として

感染しない、させない、広げない

と何度も学びます。出張する場合は尚更のことです。
高齢施設などでは病原体を

持ち込まない、持ち出さない、拡げない

という感染制御の基本も学びます。


現在は美容師としてヘアーズビットで働いていますがもともと僕は理容師でして、理容学校の時から出張カットを行ってきていました。
カットボランティアとして老人ホームに行ったのがきっかけです。
寝たきりの人や暴れてしまう人など様々でして、現在までに出張した所といえば老人ホーム、身体障害施設、知的障害施設、児童施設、病院、個人宅と様々です。その経験を活かして現在は出張・訪問美容にも力を入れています。

出張・訪問理美容で気をつける点は?

利用者さんの安全には細心の注意を払います。
お店に行きたくても行けないわけですから当然ですね。
そしてもう一つ重要なことは衛生管理です。
お店の場合は消毒や手洗いをすることは当たり前になりますが出張となるともう少し細かな消毒が必要になります。
コロナやインフルエンザなど他人に感染させないように。
また他人から感染しないように消毒は徹底的に行う必要があります。

詳しくは動画をご覧ください。



せっかくなので出張・訪問理美容について記事を書き続けたいと思います。

出張・訪問理美容どのような人が利用できるのか?

理容師法施行令第4条第1号及び美容師法施行令第4条第1号

(1) 疾病の状態にある場合のほか、骨折、認知症、障害、寝たきり等の要介護状態 にある等の状態にある者であって、その状態の程度や生活環境に鑑み、社会通念 上、理容所又は美容所に来ることが困難であると認められるもの (2) 自宅等において、常時、家族である乳幼児の育児又は重度の要介護状態にある 高齢者等の介護を行っている者であって、その他の家族の援助や行政等による育 児又は介護サービスを利用することが困難であり、仮に、自宅等に育児又は介護 を受けている家族を残して理容所又は美容所に行った場合には、当該家族の安全 性を確保することが困難になると認められるもの


ちょっと難しいので簡単に説明しますと、

病気や怪我で来店が困難な人。その付き添い等で来店が困難な人に対して出張することができます。

身嗜みにも気を付けましょう

特にご自宅に伺う場合は身嗜みに着付ける必要があります。
清潔感のある服装はもちろんのこと、お洒落だからと言って穴の開いたパンツやジーンズはNGです。
帽子なども基本NGです。
雨の日などは予備の靴下を玄関先で履き替えるといった心遣いも忘れてはなりません。

施設や自宅の配置は様々です。

技術をするスペースが確保されているとは限りません。
荷物はなるべく少なくコンパクトにまとめましょう。
コンセントの位置も様々ですので長めの延長コードを持っていくと何かと役に立ちます。

カット以外の技術について

美容技術はあると思いますのでそれ以外の技術を説明いたします。
車椅子の扱い、介護用ベッドの扱い、移乗(トランスファー)、ご家族とのコミュニケーションが必要となります。
また状況に応じた対応力に加え簡単な介護の知識も覚えていた方が良いです。

座位などを説明された時に???とならないようにしておきましょう。

訪問介護、看護といった人たちと一緒になることもありますので協力しながら行ってください。

最後に

とにかく経験が大切になります。
以前は出張・訪問理美容を行うために養成講座を開いており指導していたのですが、実際に現地にいかなければ分からないことの方が多いのです。
その時々に応じて対応できるように経験を積んでみてください。

出張・訪問理美容を依頼する方はとても楽しみにしておられます。
喜んでいただけるために衛生管理をしっかりと行い、安全に技術をすすめてみてください。


【ヘアーズビット】 所在地:埼玉県川口市三ツ和2-8-2 TEL:048-281-3363 [ご予約優先]

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です