カテゴリー: 社長ブログ

美容師を選んだプライドをもちなさい。

美容師の楽しさって色々あると思うんですが、本当に楽しいなぁって思うのはお客様に喜んでもらえるようになってからだと思うんです。

シャンプーやマッサージが気持ちいいね。って喜ばれたらテンション上がりますよね。

そしてカットできるようになってまた喜んでもらえる。そして「あなたにやってもらいたい」と指名が入る。

まさに必要とされるようになればなるほど美容師の楽しさは倍増するわけです。

みなさんも理屈ではわかっているんでしょうけど、なかなかそこまでたどり着くまでの道のりは険しく挫折してしまう人が多いようです。

だけど辞める理由はほとんどがスタッフや会社との人間関係なのではないでしょうか。

 

自分がやりたいことを他人に邪魔されたくらいで本当に諦めてもいいんですか?

それよりも本当に周囲の人たちは邪魔をしようとしているのでしょうか?

 

恐らく誤解でしょうね。

先輩や会社はあなた以上のお客様に喜んでもらうために今までやってきているのです。

いわば同じ志をもった人たちのはずです。

もしもその人たちに怒られたとするなら、あなたが周囲に迷惑をかけているのかもしれません。

 

美容師ってすごく華やかに見えるけど本当に泥臭く、人間味のある地味な仕事なんです。

下積みとはよく言ったもので一朝一夕にできるような仕事ではありません。

仕事ができなくても熱意は伝わります。

熱意がお客様を喜ばせることだってあるんです。最初だから仕事ができないのではなくて、最初から仕事を放棄してしまうような気持ちは捨てましょうよ。

美容師は誰でもできる仕事ではないと思います。

自分だけができたとしてもお客様に喜ばれないことだってあります。技術以外に学ばなければならないこともたくさんあります。

何年もかけて築いた経験に割引クーポンをつけて良いのでしょうか?

残念ながら現在、美容師の価値は決して高いとは言えません。

しかしプライドをしっかり持って欲しいと思います。

決して髪の毛を切るだけの仕事ではないんです。

10人のお客様がいれば10通り違います。さらにお客様は毎回同じスタイルを希望するわけではありませんし、気分だって違います。

ホリスティックアプローチができるような美容師になって欲しいのです。

毎日の地味な仕事の積み重ねが今の自分、そして将来のなりたい自分になっていくことを信じて欲しいです。

 

ヘアーズビット裏話 最終回

ヘアーズビットの目的

私たちはヘアーズビットにかかわった人々に喜びを与え、幸せを共有していきます。

かかわった人々に喜びを与えるとはなりたい(求めた)自分になるということ。

最初にヘアーズビットにかかわるのはスタッフです。

そのスタッフがどうなりたいのか?

何を求めるのか?

この2点を徹底的に教育していきます。

・お客様を喜ばせたい。
・技術を伸ばしたい。
・給料を増やしたい。
・信頼されたい。
・楽しく仕事がしたい。
・コンテストで優勝したい。
・ヘアーショーに出たい
etc….

こんな願望をスタッフからたくさん聞きます。

が、しかし

現実はどうでしょう。

ほとんどのスタッフが手に入れられるでしょうか?

残念なことにヘアーズビットを去っていったスタッフもいます。

その時にいつも思うんです。

他に移って手に入れる事ができるのだろうか?その後、幸せになれたのかなぁって。

まずは己の心を強くもつ力を養わなければいつまでたっても他人のせい。環境のせいになってしまいます。

心は技を高める
技は心を求める

お客様を喜ばせたいという心が技を覚える最高の近道。

レッスン日にただレッスンをする。

合格をもらうためにレッスンをする。

これではいつまでたっても本当の技を身に付けることはできません。

せっかく覚えたとしても、時間とともに退化していってしまいます。

 

言われなくなったら練習もしなくなりますから。

だから、ヘアーズビットでは基本的には自主的にレッスンをしてもらいます。

その前にしっかりとした目標設定をします。

目標が決まらなければ、辿る道も、手段も見えません。

自分から「お願いします」と頼まなければ手に入れるものも手に入れられない。

毎日のルーチンの中では道や手段を作り出す力は身につきません。

そのなかで頑張っているのでは、ラットレースの中と同じ。

いつまで経ってもゴールにたどり着くことはできないでしょう。

スタッフに絶対忘れないようにと教えていることがあります。

出来ない、わからないはチャンスである。

ならばどうするか?

出来るように何をするのか?

わかるためには誰に相談すればいいのか?

その壁を乗り越えてこそ、一歩前進といえる。

失敗したり、出来なかったり、わからないことで叱ることはほとんどない。

しかし、そのまま放置プレー状態にしているスタッフには徹底的に叱る

プロである以上、常に壁はつきもの。

その壁を乗り越えてこそプロである。

おなじプロでもスポーツ選手と違って短期的に脚光を浴びる職業ではない。

ヘアーズビットスタッフとしての心得は美容師としての教育ではない。

その人個人の実力を伸ばし、その個人が美容師をやっているというイメージ。

ひとりひとりが獅子になる。

だからたとえ、他業種にいっても勝負できる人間を育てたい。

そうしていくことが、本当の幸せだとおもっている。

ヘアーズビット裏話⑨

ヘアーズビット名前の由来

 

初めてご来店いただいたお客様にはJinから手紙を送っています。

ヘアーズビットとはどのようなお店なのか。

どんな思いでこのお店を作ったのか。またどのように社員教育をしているのか・・・

その最後にヘアーズビットという名前をつけた由来も同封しています。

今日はその名前の由来を書きたいと思います。

hair’s bitの由来

bitには3つの意味があります。

①人:【ひと・びと】です。

美容師として成功できたこと、hair’s bitをオープンできたこと、現在幸せな人生を送れているのは全て人との出会いによる【ご縁】そのものだと確信しています。

今一緒に働いているスタッフも今まで一緒に働いてくれたスタッフも皆、奇跡的な出会いによって人生を共にしてきました。

これからは自分が人のために尽くし、喜びを与え幸せを共有していきたいと思っています。

②個:【こじん・こせい・bitの和訳】

自分を出せる場所。自分が一番輝ける場所。

そして同じ目的をもった人間たちが共に手を取り合い助け合い大きな個になる場所。

それがhair’s bitです。小さな個が集まり大きな大きな個になる。

いずれ会社を通して地域に、社会に大きく貢献できる社員を育てます。

③愛:【仁・Jin・すべて】

仁の意味は「仁愛。」

前出しましたが、Jinの本名は「仁と書いてひとし」と呼びます。

ニックネームは仁の音読みからとってJinと名付けました。
「ひとし」も「じん」も人につながりますよね。
そしてbitも「びと」と読めます。かなり強引ですが。(笑)

Jinが思う愛の定義は「その人に、一人で(個人)生きるための力を身に付けさせる事」です。

愛とは強さであり、厳さであり、優しさであり、信頼であり、思いやりである。と教わったことがあります。

スタッフには愛をもって育てたい。

お客様には愛をもって接したい。

bitは一番スタッフが力を発揮し一番輝ける場所。

bitはお客様が一番くつろげて美しくなる場所。

Jinはhair’s bitを永久に残すために存在している。

スタッフが育ち独立しいつか日本中が大きなbit.【個】になることを願っています。

ヘアーズビット裏話⑧

スタッフがみんなニンクネームの理由とは

 

すでに知られていると思いますが、Jinの本名は仁と書いて「ひとし」です。

別にアルファベットにする必要はないと言われるかもしれませんが

小さなこだわりがあるんです。

斉藤仁と書くと「さいとうじん」と思われてしまうんです。

本名はあくまでも「さいとうひとし」です。

だったらニックネームをJinにしてしまおうと。。。

そしてもう一つの大きな理由は

あだ名が付けづらいということです。

昔から「ひとしくん」とか「さいとうくん」がほとんど。

中学までは「ビトシ」でした。

高校からは「ジン」だったんだけどやっぱり本名で呼ばれると「さいとうじん」だったんです。

そんななか美容師になりました。
美容師ってある意味で人気商売だから親しみやすい方が指名が上がるんだよね。

「斉藤さん」とか「ひとしさん」ってなんか距離を感じませんか?

ところが「ジンさん」「じんちゃん」「じんくん」だとすごく親しまれやすいんです。

一気に指名がアップしそうな予感がありました。

それともう一つ理由があった。

原宿にいた頃のこと。

仕事といえば毎日毎日お客様のハントでした。

こういうのがすごく苦手だったんです。

知らないひとに声をかけることにすごく抵抗があった。

だけど声をかけないとお客様になるきっかけがない。

声をかけようと思ってもその一歩が出ない。

逃げ出そうともした。

その時にメンターに相談をしたんです。

そしたら

「どうなりたいんだ?」って言われた。

僕は自分がなりたい姿を全部紙に書き出した。

その紙の上にその人がこう書いた。

Jin

「これがJinだ。苦手だと思うのは斉藤だ。初めてあった人はお前さんが見せた姿だから」って。

響いたね。イナズマが落ちた気分だった。

Jin は自分がなりたい姿。

それから名刺も呼び名も全部Jinで統一した。

最初は照れ臭かったけどだんだん慣れてきた。

今ではそれも本当の自分の姿。

年賀状や手紙もJin様って来る(笑)

親戚もJin君って呼ぶ。

今ではビトシって呼んでくれる友達も少ない。

だからスタッフもニックネームを付ける。

変わりたいという気持ちが強いスタッフほど今まで呼ばれたことがないニックネームを付けてもらう。

思いはとっても大切だよ。

さてさて来年4月に入社する坂本さんのニックネームも考えないとね。

ヘアーズビット裏話⑦

水上コテージ?*

ここ数年ゲリラ豪雨の被害が各地で報道されますが(過去の記事なので気にしないでね)

鳩ヶ谷市(今は川口と合併しましたが・・・)はもともと沼地だった地域が多くとても水はけが悪い。

おまけに三ツ和のお隣は坂下というだけあって雨が降ると水がど~~~っと押し寄せてくるんです。

ゲリラ豪雨なんていう言葉があるず~~~っと前から床下浸水、床上浸水があちこちで起きてました。

台風なんかで大雨が続くとたちまち

ヘアーズビットの床を上げている意味がお分かりになったと思います。

さらに雨が続くと

4

もう雨はすぐそこまで来てしまうんです。

どうですか?縁石も見えなくなり非常に危険です。

3

ちなみにウッドデッキの高さは54センチです。

 

今年は体験できるかな?レッツサーフィン!!

これって基本的に仕事中なので

お客様が帰れなくなってしまうんですよ(汗)

 

雨がやんでも水は引かず・・・

強行突破です。

2

すごい大変。。。。

しか~~~し

なんと

もっともっと切ないことがあるんです。

頑張ろう日本!

こんな状態になったら近所同士で力を合わせて・・・・

じゃないんです。

本当に水がたまるのはここだけなんです。

向かい側の動物病院は・・・

 

なんと

平和でしょ?

こっちは大洪水。向かい側は普通。

これって行政側でなにかしてくれないんでしょうかね?

川口市と合併したら改善してくれるのかな?

こうなっちゃったら笑うしかありません。

のんびりアーユルヴェーダでも(笑)

 

次回の裏ビットは【何でみんなニックネームなの?】の予定です。お楽しみに!!

 

ヘアーズビット裏話⑥

ヘアーズビットには理容のスペースがあります。
両親が40年営んだ理容店の名残をすこしでも残そうと思ってました。

t02200295_0597080011438576362

jinはもともと理容師ですが、保健所の都合で美容室か理容室かどちらかを選ばないといけません。

今後のスタッフをかんがえて美容室にすることにしました。

で、

そこで問題だったのが

レトロ感たっぷりの理容テイストと美容室をどのように融合させるか?

狭いスペースなので個室を作れば狭くなってしまう。

ん~~~~

と考えたのがこの配置

t02200295_0597080011438578260

当時まだ出始めたばかりのリアシャンプーの向きです。

通常のシャンプー台は壁を背にするタイプがほとんどでした。

それを壁側に足を向けることでお客様には違和感無く理容スペースを設けました。

といってもあくまでも理容テイストのスペースということですので誤解の無いように。

そして

つぎなる壁。

それは

t02200295_0597080011438576362 (1)

t02200295_0597080011438577360

どうですか。

色味がここまで違うんです。

ダーク調のキャビネットにライトな家具

その調合こそがフロアに隠された秘密なのです。

t02200295_0478064011438576370

美容室側のフロアはこのような色調に比べて

理容側はというと

t02200295_0478064011438577354

どうですか?

だんだんとダークになっているではありませんか!!!!!

これに気がついてくれた人は誰もいませんでした。

 

 

次回の裏ビットは【知る人ぞ知る水上ビット】です。お楽しみに

番外編

ヘアーズビット裏話⑤

ヘアーズビットの看板でもあるウッドデッキ。

ここにも実はこだわりがあるんです。

知る人ぞ知るそのウッドデッキに隠されたこだわりとは・・・

これはまだリニューアル前の店舗です。
看板がまだ古いままですね。懐かしい~♪

t02200128_0500029011434413529

そして店内。これも懐かしい〜〜〜

t02200165_0378028311434413530

この赤丸で囲んだ部分をみてください。

じつはこれ施術中のお客様が通行人や停車中の車から目が合わない高さなんです。

何度も椅子に座って高さを決めました。

そして等間隔にスリットを空けることで、圧迫感を作らないように工夫されています。

しかも歩行者からも中が見えそうで見えず、見えなさそうで見える間隔なんです。

そして、

ウッドデッキに椅子を置いてティースペースを作る計画もありました。

そのときも

空は見えて、通行人は見えない工夫がされています。開放感たっぷりのウッドデッキですが、現在は待合スペースの延長になっています。

店内からウッドデッキを眺めるととても広く見えるのも一枚のフィックス(はめごろし)になっているため。

狭いスペースを有効にしています。

もちろんそのために窓ガラスの掃除は最低週一回。

綺麗なガラスは気持ちが良いですからね。

さてさて

次回は

リニューアル前つながりで、フロアに隠された秘密を教えちゃいます。お楽しみに

現在またまたリニューアルしましたのでお楽しみに

ヘアーズビット裏話④

ヘアーズビットではパーマやカラーの待ち時間にドリンクをご用意しています。

さらにゴールド会員の方にはアイスクリームのおまけつき♪

デロンギ製のエスプレッソマシーンで淹れたコーヒーはとても好評です。

他にもアイスコーヒーやアップルティーストレートティー、緑茶などに加えて季節のお飲み物も用意しています。

そのなかでオープン当初からこだわりをもっているのが

氷です。

一つ一つアイスピックを使用して砕いています。

製氷機で作る氷とはまた一味変わり、見た目もグレードアップするんですよ。

これもお客様にはなかなか気がつかれないのですが、このひと手間が重要です。

Jinが氷を作っている頃はよく占いをやっていました(笑)

勝手に占いと名付けていたんですが

一度のクラッシュでで綺麗に形ができるとその日は大吉!!

何事も仕事は楽しくなくちゃね。

次回の予定は【ウッドデッキ】です。お楽しみに!

ヘアーズビット裏話③

掃除を見ればその人の仕事がわかる??

掃除をみればその人がどんな人間かすぐにわかる。って先生に教わったことがあります。

今思えばその通りだ。

掃除って仕事とすごく共通している。

掃除の際にスタッフに言うことは

・常に上から、端から、四角く。  合理的に仕事をする。

・その場所だけを見ず、その周辺、さらにその周辺と広げていく。  俯瞰(ふかん)して仕事をする習慣

・一度言われた箇所は次から徹底的にやる  苦手分野は経験をつんでクリアする

・これでもかと思ってやったにもかかわらず指摘されたら相手が上手と思いなさい。  見抜く力は経験の証

・「これで終わり」はない。  常に向上心をもつ

・汚れないように目を光らせよ  責任感を持つ

・掃除をする姿勢ではなく綺麗になったかどうかで評価されなさい   どれだけ頑張ったのかではなく結果を求める

そうは言ってもなかなかできないんですけどね。

掃除をするととても気持ちが良いですよね。

なんか気が変わる感じがします。

掃除を通していろんな発見ができることをスタッフに知ってもらいたいですね。

次回の予定は「氷」

ヘアーズビット裏話②

さてさてヘアーズビットがお届けするこだわりの2回目は「タオルのたたみ方」です。

もちろん綺麗にたたむ事が重要です。

ヘアーズビットに入社して一番最初に教えるのがじつはタオルのたたみ方なんです。

たたむことからお客様に対する仕事の姿勢を学んでもらいます。

お客様の肌に直接触れるタオルを入社したばかりのスタッフが責任をもってたたむこと。

それは

入社したばかりのスタッフでも活躍できる仕事があるということを教えます。

新スタッフに

まだ入社したばかりだから・・・なんていういい訳を言ってもらいたくないからです。

入社したばかりの私でもできる大切な仕事があることを知ってもらいます。

タオルのたたみ方は単純。

縦に折り、また半分にする。

出ている糸くずや付着した髪の毛に気を配り、汚れなどもチェックします。

前出したように、タオルはお客様の肌に直接触れる大切なものです。

そこに心をこめて仕事をしてもらいます。

タオルの重ね方も重要です。

しっかり四つ角を合わせ、見た目の美しさにこだわります。

実に単純な作業だけど、これって本当に性格が出るんですよね。

タオルを綺麗にたためるようになると何が変わるか?

カットクロスなども綺麗にたためるようになるんです。

さらに洗濯機なども綺麗にしたくなります。

靴をそろえるようになると、部屋が綺麗にしたくなるのと同じ心理です。

美容師とはお客様を美しくする仕事です。

そのためには自分の心を綺麗にするところからはじめないといけません。

次回は掃除のイロハの予定です。