カテゴリー: 社長ブログ

完結力

ゆとり世代は「言ったことしかやらない」なんて嘆いている人をよく聞きます。
言ったことをやるんだからいいんじゃないの?って僕は思うんですけどね。

上司の理想は「言われていないこと」を率先してやってほしいと願っている。ここで試されるのがいかに気がきく人間なのか?ってことなんでしょうがふとここで疑問がでる。

・言われたことだけをしっかりとできる部下
・言われたことに加えて言われないことを率先して行動しているがちょっとずれている部下

果たしてどちらが頼りになるのだろうか?
中には言われたことすらできない部下もいるわけだからどちらも頼りになるわけです。

ここで上司が求める行動とはどういうことなのかを簡単に例に挙げるとこんな感じかな。

上司「ちょっとテーブルの上を片付けておいてくれ」
部下:はいと答えてテーブルの上を片付ける
上司:「テーブルの下にあるゴミをなぜ拾わないのだ」
部下:「すいません。」
上司:「まったくゆとり世代は言われたことしかやらない」
部下:「(だったら最初からそう言えよ)」

こうして部下のモチベーションはどんどん下がってしまう。

でもさ上司は、片付けが終わることが完結じゃないんだよね。じつは。。。

なぜか?

ゆとり世代が悪いわけではなく、そのような教育しか受けておらず、むしろ余計なことをやるほうがリスクが高い環境で育ってしまっていた人が多い。

学校では出された宿題をやったかどうかが大切であり、それ以外外は塾のお仕事。
発言して間違えるくらいなら、手を上げないほうが利口である。会議中の意見なども同じ。

目立ったことをすればたちまち「SNS」で話題になってしまうからね。そんなリスキーなことをすすんで実行する子供は希少だよ。

最近の子供たちはほとんど何かしらの習い事をしているし何かと忙しい。そんな生活の中で余計なことをこなす余裕はないのかもしれない。学校から帰ればすぐさま習い事。帰ってきて宿題やって準備して。。。

中高生ならそこに友達との交流も同時進行。

そんな子供たちが社会人になって直面する問題が完結力の乏しさなんだとおもう。
マニュアルだけをやっていられるのはアルバイトまで。

上司が「テーブルの上を片付けろ」と言った場合は何をもって完結なのかを上司が伝える必要があるのではないだろうか。
上司がなぜこのような指示を出したのか?というところまで考えられる部下を育てるのが上司の役目。

片付けろという上司はなぜ片付けてほしいのか?

・部屋が汚れている→部屋全体の片付けが必要
・これから来客がある→来客用のお茶菓子やスリッパなどの準備などが必要
・書類作成→資料などの用意が必要

と理由が違えば部下に求める内容もまた違う。

重要なのは、部下はなぜ上司が片付けろと言ったのかを理解する力を養い、上司は何をもって終わっり(完結)なのかを把握させること。あとは部下の能力次第でしょ。

言われたことだけを卒なくこなすタイプはこの完結能力が非常に乏しいとおもう。

一つ一つの仕事を点で捉えるのではなく、線として仕事をしてもらえるようになるには上司も部下も仕事の流れを先に伝えないといけないのではないだろうか。
美容師にとってはかなり重要なスキルだと思う。

そうすれば少なくとも今よりは愚痴が減るんじゃないでしょうか

ボランティア精神

月に1度ですがヘアーズビットではボランティアカットを実施しています。
かれこれ25年目に突入しています。
今でこそ周囲の方々に「偉いね〜」なんて言われるようになりましたが自分自身しか味わえない自信というか強さが芽生えてきました。

僕の悪い癖なんでしょうけどその反動も同じくらい沸き起こってしまいます。
ボランティアを宣伝効果に使いたがる人への不満や怒りもその一つでしょう。

数回参加して「ボランティアやってます」的な人も少なくありません。まぁそう人をスルー出来るくらい大きな人間になりたいと思います。

話は脱線してしまいましたけど、ボランティア精神から手に入る物ってすごく大きい!!という事が言いたかったのです。

自分はね商売はとても下手。経営者としては落第生の筆頭だと自負しています。
だって、貯金がなくてもお金がなくても全然平気なんですから。

ただお客様はたくさんいらしていますし喜んでいただいています。不景気な世の中でも遠くから来ていただいています。

業績は常に安定。これでいいじゃないですか。
たくさんの利益を求めてうまくいったためしがありませんし楽しくない。

むしろ利益度外視してやっている方が楽しいし力が湧いてくるんです。

町会の仕事や組合の仕事も基本的に全部ボランティアでしょ?
それを一生懸命できるのもボランティア精神であり喜んでもらいたいだけなんですよね。

今年になり仕事は一気に増えました。
休日はほとんどなくなり毎晩のように打ち合わせが入っていますが、直接自分の利益になる事はひとつもありません。

だけどその先にあるのはもっともっと重要で大きな事。
心身ともにヘトヘトになる時もありますけど、
子供達の未来や業界の未来を考えて行動しているわけであります。

そう考えるとワクワクしませんか?

20040830122820

不平や不満はたくさんあります。言ったって解決はしませんからね。行動しないと。

ボランティアって「やらない」理由を並べたらいくらでも出てきます。
忙しいとか体調悪いとか、交通費がもらえないとか・・・・・・・・・・・・w

だからこそ「やるために」何をどうすればいいのか?を考えて行動するんです。

時間は平等です。
忙しいとか時間がないって言っている人はただ単に「時間管理」ができていない事をアピールしているだけ。と自分を反省しつつ今日も頑張りたいと思います。

決断する

おはようございます。
たくさんブログを持っているとどこに書こうか迷ってしまい困っています。今後はこちらのブログに載せていこうと思います。

今日学んだこと。キーワードは「決断」

年齢や職業、経験を重ねれば重ねるほど決断しなくなってしまう

images

それはなぜか?
「失敗」「心配」を恐れてしまうからです。

何かを決断し、実行しようとすると同時に「失敗したらどうしよう」と不安要素が生まれてしまう。
意志決定を下すときには「なぜこれをやるのか?」という理由を明確にする必要がある。

でも安心してください。
世の中に失敗は存在しないそうです。

人生には2種類の経験しかないそうです。

それは「成功する経験」「学ぶ経験」。まさに目からウロコですよね。

意志決定し「失敗」「心配」を断ち切る。
これがまさに決断です。

決断をしないままにしてどうなるのでしょう?
どんな学びや経験があったのでしょうか。

一度決めたら成功するまで、何がいけなかったのか?どうすれば成功するのか?という「学び」が手に入ります。

新しいことを始めるために、よりよい未来を作るために「決断」する勇気が必要になります。

生活の中で決断しなければならないことはなんだろうか?
引き延ばしにしていることは何でしょうか?

職業、健康、家族など決断することはたくさんあります。

決断の先に失敗はありません。すべてが学びです。
そう思うと決断するゆうきが生まれますね。

苦痛と痛みを避けるのが人間です。

自分の人生を変えるには「決断」と「実行」。

その先に生まれる新しい人生を楽しみたいと思います。

美容師の求人 その2

美容学生さんがお店を選ぶポイントの一つに「雰囲気」というキーワードが出る。
スタッフの雰囲気、お店の雰囲気、楽しそうな雰囲気など。

確かに自分でも「雰囲気」で何かを選ぶ事は多い。
しかし、その雰囲気とはどういうものなのでしょうか。目に見えるものではないから非常に難しいですし、相対的に感じるものであって答えがない。

お店の雰囲気を見て入社したスタッフたちはその後、やるべき事や夢を忘れてしまい、ちょっとしたことを理由に辞めてしまうことが多いみたいだ。

おかげさまでヘアーズビットは「良い雰囲気のお店」という評価を頂くことが多い。その雰囲気を作るために僕たちが何かをしているわけではなく、真剣に仕事をしている結果に醸し出されるものが雰囲気だと思う。

美容学生さんに限らずこれから就職を考えている人たちに言いたい。
雰囲気でお店を抜粋し、その雰囲気を作っているものが自分のやりたい事と同じかどうかを基準に就職先を決めてほしい。
そして決めた会社は自分が選んだ会社であって、その会社はずっとそこに存在しています。会社の中である程度活躍するまで頑張ってほしい。

その頑張りがまた次の学生さんに雰囲気として贈られることでしょう。

ゆとり世代から学ぶ。

「ゆとり世代」とどのように接すればよいのか?なんて業界誌などにもよく取り上げられています。
ついつい自分でも同じようなことを口走ってしまうことがありますが実は「ゆとり世代」について理解が足りなかったんだと反省します。

ゆとり世代の特徴ってなんだろうか?
・自己表現が少ない
・夢や希望がない
・すぐに結果を求める
・打たれ弱い(怒られるとすぐに辞めてしまう)

それって本当かな??と自分を振り返ってみると案外そうでもないのかもしれないなぁと気づかせられます。
先日19歳になる女子とお話をさせてもらったんですが、ゆとり世代の本音を聞かせてもらいました。

・ネットコミュニケーションが主流のために誹謗中傷を恐れ、また個人情報が広がりやすいので相談相手を冷静見ている。
・情報が多すぎる、簡単に情報を手に入れられるという理由で何にでも手をつけるのではなく、手をつけることとそうでないものを選択している。
・質問をされる場合は選択肢を用意してもらえると嬉しい

傷つきやすいという意味では昔も今も同じなのかもしれませんが、ダメージは現代の方が大きいと思います。
昔のようにクラスメイト数人に攻撃されるのではなく、クラス全員または学年中に広がってしまう恐怖は考えただけでぞっとします。

ここなら(この人なら)安心というものを冷静に探しているのかもしれませんね。
それともう一つ感じたのはオンとオフの切り替えを重要視していること。

むしろ今までの美容師にありがちなだらだらと職場に残って仕事をしたり練習をすることに対して幻滅しているのかもしれません。
じつは社会人としてゆとり世代から見習うことがとても多い気がします。

美容師求人について その1

美容師求人についておもうことがあるので何回かにわけて書きたいと思います。
美容学生さんや美容師をやめてしまった人に何か参考になれたらと思います。

日頃からお世話になっているお客様でハローワーク職員さんがいらっしゃいます。
その方は求職者にたいしていろいろ講義をされたり斡旋をしたりしているそうです。
その方といろいろとお話をさせていただきましたところ、まったく同感と思う点がありました。

美容師をやめてあっさりと他の職業を探す人がとても多いという事。

せっかく国家試験に合格して美容室に入社するわけですが、わずか1年程度でやめてしまう人が非常に多いそうです。(美容室サイドではなくハローワークサイドのお話です)

大きな夢をもって入社したはずなのに辞めるほとんどの理由が「人間関係」だということ。
辞めた人からすれば「夢が叶わないのは他人のせい」だということです。

人間関係は昔からどの業界でも課題になっていますが、果たして人間関係を構築する努力をする場所って現代社会であるのでしょうか?この事についてはあらためてブログに書きたいと思います。

それともうひとつは美容業界の勤務について。
これからはサービス業だから目を瞑るというわけにも行かなそうです。

今後の業界の最重要課題ではないかと思っている。

人間関係で辞めてしまう理由は様々でしょうが、学生さん個人のコミュニケーション力も大きく影響しているのではないかと思います。学生の時に通用したことが社会では通用しないということがとても多いからです。

コミュニケーションといっても話せるとか楽しい話題で盛り上がるということではありません。
先輩やお客様と社会人として適切な会話、自分の気持ち、相談などができるかどうかということです。

もう努力根性の時代ではありません。じっと耐えて我慢しろなんていいません。何がわからないのか?何が間違っていたのか?どうして怒られてしまったのか?など自分が感じたことを言葉にしていく力が必要なのではないのかと思います。

そして勤務について。

労働基準を満たした労働時間で効果的な賃金を得るためにはいかに効率よく業務をするか?という課題がうまれます。その結果できた会社が低価格を売りにした「1000円カット。」
通常の美容室よりも会社としてはしっかりしていると思います。
今後ますます深刻になるであろう少子高齢化。ゆとり教育で育った若者。乱立するサロン。デフレによる低価格競争ななど。

業態も多岐にわたり広がっていきます。

僕たちヘアーズビットが進むのは「お客様の満足」を得るための道。技術やサービスは直接エンドユーザーに触れる訳であり、効率化には限界があります。

お客様といかにして長くお付き合いできるのか?どうしたらファンができるのか?

それは技術でもありサービスでもあり接客でもありますが、答えなんかありません。
スタッフは仕事をこなす人間ではなく、お客様を喜ばせる人間であり、機械では決して真似のできない部分を行っていかなければなりません。

ただ髪の毛を切り、当たり障りのない会話をしていて、気持ち良くないシャンプーをしていては美容師失格です。一人一人としっかり向き合いその人の求めるものを即座にキャッチし提供する力が必要なのです。

コミュニケーション力は必須ですが、近年コミュニケーションが上手だなという若者はほとんどいないそうです。
ただ会話するのは誰でも出来ますが、社会人としてのコミュニケーション力をしっかりと身に付けなければ美容師は務まりません。

ヘアーズビットで働いてくれたスタッフは皆、素晴らしいとほめて下さいました。
技術というよりは「人間として」褒めて下さいました。

人気のある美容師=人間力のある美容師だと思います。
好奇心を消すことなく半歩で構わないから成長している自分に喜びを持って働ける環境がとても大切だと思っています。ヘアーズビットはそんな人間力を育てる美容室であり続けたいと思っています。 続く

ピンときたら一緒に働きましょう!待ってますね。

求人案内詳細