「幸せな人生って何だろう」とあらためて気づけた

こんにちはジンです。
緊急事態宣言が出されて今日で1ヶ月が経ちました。
しかし解除されることはなく31日まで延長が決まってしまいましたね。
5月7日を目標に、それまで頑張って仕事を続けていこうと必死で頑張っていた個人事業者にとっては断腸の思いだと思います。

働ける幸せ

僕たち理美容業界は幸いにして対象にはなりませんでしたが、それでも売り上げはかなり減少しました。
最善を尽くしながら営業を続けていきました。
なぜなら「従業員に給料を支払う責任があるから」です。
うちのような個人経営では内部留保などしれたものですからお店をどのようにして営業し続けるかと前向きに考えるしかありません。
もちろん経営者によっては感染を広げないという理由で休業を選んだお店もあると思います。どちらが正しいかは分かりません。
ただ、今回のコロナで大切な事を学びました。
それは「お客様にとっても従業員にとっても無くてはならない会社でなければいけない」ということです。
従業員が一丸となって仕事に取り組むってほんとうの「働き方改革」なのかもしれません。空いた時間に撮った動画です。


飲食店でのテイクアウトやお弁当などの取り組みも同じ気持ちだとおもいます。休んだ分を国から補填してもらおうと躍起になって声を上げている人をみて僕は幸せそうに見えません。

目の前の人と一緒にいられる事の幸せ

「コロナ離婚」なんていう言葉が生まれましたね。
普段は週末しか揃わない家族と生活を共に過ごすことがそんなにストレスなのでしょうか?
ましてストレスを理由にDVなんて言語道断です。
家から出られないと言っても監禁されているわけじゃないですよね。
SNS等でも「おうちで過ごそう」系のアイデアがたくさん出ていました。アイデアを出す側と受け取る側はお互いにハッピーですよ。
我が家でも普段よりも笑い指数がアップしましたから。
一緒に料理を作ってみたりパン作りにチャレンジしてみたり動画を作ってみたりと普段出来ないことを家族でも出来ました。


全章でも述べましたが従業員がいる。家族がいる。目の前に一緒にいる人と何ができるのか?とっても幸せですよね。
逆に言えば去ることはとても不幸せじゃないですか。
目の前の人が去るとしたらそれはコロナのせいでも国のせいでもなく自分自身に考えのせいだとおもいます。

困っている人を助けてあげられる幸せ

ストレスが溜まり暴力や犯罪などが増えている一方で芸能人やスポーツ選手みたいに勇気付けるような動画を配信している人もたくさんいます。
だから僕も時間を見て動画を作ったりこうして長文にわたるブログを書いて少しでも困っている人に情報を届けたいと思っています。
SNSは簡単に誰でも投稿出来ちゃいます。
不平や不満、誹謗中傷など見ても面白くありません。
そういうのを書いている人って心が健康では無いのでしょうね。
困っている人を助けてあげるには自分が健康でなければなりません。
だから僕は恥ずかしい動画でも頑張って配信してます。
「面白かったよ」とか「勉強になったよ」なんて言葉をもらえた時は思わずガッツポーズですよ。

当たり前が幸せなんだと気づけた

結論を言ってしまえば当たり前の生活が幸せなのではないでしょうか。

何の心配も無く朝を迎える。
眠い目を擦りながら仕事に向かい、自宅に帰る。会社がある。自宅がある。待っている人がいる。友達と会える。飲みに行ける。公園に行ける。スーパーに行ける。

当たり前が当たり前では無くなったからこそ気づけた幸せ。
また通常の生活に戻ったとしてもコロナで経験した「怖くて不自由な生活」を教訓にしてみてはいかがでしょうか。
出世したい。お金持ちになりたい。高価なものが欲しい、海外旅行に行きたいなどたくさんの欲求が出るとおもいます。

あの人は良いなぁって他人と比べてしまうかもしれません。

でもね、落ち込む必要は無いんですよ。

当たり前が幸せっていう教訓があるじゃないですか。

何と言っても、今あなたも僕も生きている事が何よりも幸せですよね。


【ヘアーズビット】 所在地:埼玉県川口市三ツ和2-8-2 TEL:048-281-3363 [ご予約優先]

友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です